ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

組閣決定

昨日中日球団から正式に監督並びにコーチの組閣が発表されました。


一軍
監督:森繁和(ヘッドから昇格)


打撃コーチ:土井正博(新)、波留敏夫(二軍から異動)


投手コーチ:デニー友利、近藤真市


バッテリーコーチ:田村藤夫(新)


内野守備走塁コーチ:森脇浩司(新)、奈良原浩(新)←三塁コーチ


外野守備コーチ:長嶋清幸←一塁コーチ


コンディショニングコーチ:勝崎耕世、宮前岳巳


二軍
監督:小笠原道大


打撃コーチ:加藤秀司(一軍から異動)、高柳秀樹、嶋村一輝(一軍から異動)


投手コーチ:高山郁夫、小笠原孝、朝倉健太


野手コーチ:早川和夫(一軍から異動)


バッテリーコーチ:小川将俊(一軍から異動)


内野守備走塁コーチ:渡辺博幸


外野守備走塁コーチ:英智


育成コーチ:松岡功祐、小山良男


コンディショニングコーチ:塚本洋


となっております。


そして今年まで二軍の投手コーチをやっていた大塚コーチは、スカウトも兼ねてもサンティアゴ・パドレスへ派遣されました。中々コーチ人事が発表されなかったのは理由がこれだったのは容易に想像つきますね。
この件について人選がどうだったのか言われますが、私はデニー投手コーチよりも色んな意味で適任だったのではないかと思ってます。確かにスカウトも兼ねてますが、基本は日本での指導に活かすための、いわば海外研修のようなものなので、来季北米渉外担当になる可能性の高いデニーコーチをコーチとして派遣するのはおかしいです。また大塚コーチ自身がメジャー経験もあり、現地に多くの知人がいるとも聞いてますので、その情報網から良い選手の発掘が期待できます。恐らく森監督の頭の中では自分が退任した後、自分のように海外に太いパイプがある現場の人間を育成しようとしているのでしょう。兎に角派遣されている間は指導能力の向上のほかにもスカウティング能力をきっちり磨いて北米ルートを開拓できるようにしてもらいたいです。


コーチングスタッフに目を通せば、新しいコーチには土井さん、森脇さん、田村さん、奈良原さんと大物コーチを招聘出来ましたが、刷新したのは途中解任された谷繁監督と佐伯コーチと西武の監督に就任した辻コーチのみで他のコーチは留任。今年最下位のチームで蜥蜴の尻尾切で終わらすことが功と出来るかはわからないが、大物コーチという投石はチームに新たな風を引き起こしてくれることは間違いないだろう。


まず一軍の野手コーチ陣は投手以外の事は基本知らないと明言している森監督を支える陣容となっている。打撃部門は土井コーチ、攻撃・守備の作戦面は森脇コーチ、奈良原コーチ、捕手の細かい指導は田村コーチと投手運用とバッテリーの配球以外については彼らに任せるというスタイルで戦っていくとみられる。森監督も自分の領分をよくわきまえているので余計は口出しはしないでしょう。
一方投手コーチは全く新しい人物を招聘しなかったのは少し残念だった。森監督中心となって進めるという形にはなると思うが、森監督退任後も考慮した上で高山コーチか小笠原孝コーチの一軍昇格は今後一軍監督になるであろう小笠原監督にとってもいい材料になるとは思いました。
トータル見れば森監督のやりやすい形にまとまったという印象があります。


一方二軍も同様に小笠原監督を中心に綺麗にまとまっている印象だ。大塚コーチが渡米するのは痛いが、育成に定番のある朝倉コーチが残り、投手の運営には高山コーチがいる。打撃陣には小笠原監督と理論が一致している加藤コーチがいるのでブレることなく指導できるでしょう。唯一の不安は今年の辻コーチのような作戦面で支える人間がいないことだが、辻コーチ不在の期間もしっかり戦えたのでそこはガッツの手腕に期待でしょう。兎に角二軍は今年同様に勝つ野球を徹底して勝てる選手の育成に励んでもらいたいですね。
因みに、加藤コーチの手腕を疑っている方もいるかと思いますが、今年は谷繁監督と佐伯コーチが基本何もさせなかったこともありますし、本来打撃理論はしっかり持たれている方です。元教え子の小笠原監督とも一緒にやれますし、最後の奉公という感じでしっかりやってくれるでしょう。問題は二軍のナゴヤ球場の暑さに耐えれるかだが、身体に気を付けて頑張って下さい。



まとめますと、一二軍とも盤石といった体制ではないだろうか。コーチが野球をやる訳ではないが、このコーチ陣で勝てなかったしょうがないと割り切れる陣容になったと思います。森監督、小笠原監督ともこのコーチ陣を前監督のような宝の持ち腐れ状態にせずに、しっかり活用しながら戦っていってほしいです。


以上です。
お休みなさい!(^^)!






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。