ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

外国人補強は先発か中継ぎどちらに重きを置くべきか

前回のブログを更新して直後の翌日、山口巨人入りが決定的となった。私個人は圧倒的巨人有利な状況からなんとか心理戦で山口に攻め寄れないかという提案をさせてもらったが、やはり巨人の方が条件上乗せをしてきて、太刀打ちできずといった感じか。
山口FAの謎は未だにわからないが、圧倒的巨人有利といわれた情勢を最後に山口の中で選択肢の一つになるまで追い詰めたのは今後のFA参戦に好材料ではないだろうか。思えばこの快進撃も森監督がマスコミの前で山口を狙っていると公言したことから始めっている。球団側はショーにしないと非公開で続けていたが、マスコミをうまく使って巨人側に圧力をかけたのは流石森監督といったところではないだろうか。
兎に角FAは情報戦で乗り遅れたら基本は負けの世界。今回も巨人より出遅れた事は事実であり、全ての交渉が後手後手となったことは否めない。資金面では巨人やソフトバンクには勝てないものの、今回の経験を活かしてFA選手獲得のノウハウ自体は巨人並みになってくれることを期待します。


さて山口の獲得に失敗し、さらにジョーダンの退団が決定的となった今、外国人の補強は必須となった。もし山口を獲得出来ていれば中継ぎにお金をかけて主力級を引っ張ってきて、先発はバルデスと交代交代で使える若い先発一人確保する体制で十分だったが、それも出来ない。
森監督は外国人を5人体制にすると明言してますので、ビシエドとバルデス、ゲレーロに加えて残り二人となる。恐らく投手だろうが、ここで問題になるのは先発、中継ぎどちらを優先的に補強するかということ。


ここで現在のドラゴンズ投手陣をみてみよう。


現在先発陣は
大野、吉見、若松、小熊、バルデス、小笠原が基本軸であり、そこに今年のドラ一の柳と支配下になった三ツ間、先発転向を狙う福谷、さらに再起をかける山井、八木が入ってくるだろう。
一見揃っているように見える投手陣ですが、よく分析してみると、
まず去年全く活躍できなかった山井は計算できず、八木は広島戦のみ。柳君と三ツ間君はまだ一軍の試合で投げておらずどこまでやれるかは全くの未知数。福谷に関しては基本は中継ぎでしょう。森監督も完全に先発転向させる気はないですし、本人の中でもあくまで先発は中継ぎでやるための良い経験程度に受け止めていそうです。さらに基本軸の先発投手陣も、近未来の大エース小笠原が開幕出遅れ。バルデスも肘の状態が悪く、年間通していける状態ではない。勿論吉見も今年は復活の兆しが見えたが大手術を経験した肘がまた悪くなる可能性もあるし、一番怪我をされたら困る人物なので年間フルで投げろとは言えない人物。若松、小熊も沖縄キャンプを完走して期待はしているが勝ちを計算できる人物ではない。つまり年間フルで来季勝ちを期待できる投手は大野しかしないのが現状である。
一方の中継ぎ投手陣は
今年抑えを任された田島を筆頭に又吉、岡田、祖父江、小川、福谷を筆頭に今年投げた福や佐藤、阿知羅等の若い選手や武藤、そこに今年全く一軍に投げれなかった浅尾と来季進退をかけてやる岩瀬が控える。此方は先発陣と違い、駒は揃っている且つ来季も計算できる投手が先発に比べて断然多い印象だ。まず筆頭にあげた選手は酷使が目立つが、故障した経験もないので投げれば取り敢えず結果は出してくれる。この中で誰かが故障したとしても福や佐藤、阿知羅も今年中継ぎを経験しているために、投げればそこそこできるだろうとメドも立っているし、最悪中堅の武藤がイニングを稼いでくれる。勿論浅尾や岩瀬等のベテランも中継ぎ、抑え経験は豊富なために万全な状態であれば筆頭選手のバックアップ程度なら十分やってくれるだろう。勿論かつての岩瀬や浅尾のような圧倒的な存在はいないが、頭数自体は揃っているので補強しなければ立て直せないという状況ではないだろう。さらに今の中継ぎ陣は基本20代中盤と前半で構成されているため、今年の沖縄キャンプ等で全員の上積みが期待できるので基本は彼らに任せれば問題なしだろう。


これまで先発と中継ぎとで分けて投手陣を分析してみたが、やはり外国人補強は中継ぎよりも先発投手になってくると思います。
報道では山口資金を投入するとなっているので、ゲレーロ獲得資金を除いても4億程度はあるのではないかと推測している。
私の希望としてはその金大半を使ってでも、メジャーで活躍した先発投手は連れてきてほしい。理想は元中日のチェン・ウェイン投手ですがそうはいかないので、30代中盤で全盛期から多少衰えててもメジャーで投げていた投手の獲得はチームに大きな影響を与えられる。
例えるならば現在サンティアゴ・パドレスに所属しているエドウィン・ジャクソン投手なんかいいのではないかと思っています。


MLB通算93勝のこの投手の特徴は今年の平均球速アベレージが92マイルの速いストレート。さらに切れ味鋭いスライダーやチェンジアップが武器となっています。全盛期の頃よりはスタミナはなくなりましたが、まだイニングイータとしてやっていける実力はもっています。山口を獲得できなかった我がドラゴンズにはいい人材ではないかと思います。


もう一人挙げるならば現在ブレーブスとマイナー契約を結んでいるカイル・ケンドリック投手です。

この選手はストレートこそそこまで早くはないですが、フォーシームやカットファスト、チェンジアップを駆使しながら打たせてとる投球ができる先発です。コントロールがいいので大崩れしない印象があるため、しっかりとQSを達成してくれそうな投手です。


以上挙げた選手ならば山口獲得資金を駆使して単年2億~2.5億で結べるのではないかと思ってます。
とにかく必要なのは中継ぎよりも先発です。
現在WMに派遣されているデニーコーチにはしっかりと見定めて良い先発投手を獲得してきてほしいと願っています。


以上です
ではお休みなさい!(^^)!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。