ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

長期的展望でみるドラゴンズ~未来を担え周平!

契約更改も終わり、納会やファン感等の行事も終わった今はすっかりオフという感じですね。それと、今日はビックなニュースが飛びこんで来ましたね。私個人はなんだかんだいって残留するんだろうと予想していたので素直に驚きました。。
とりあえずその話は置いといて、オフということでこのブログもオフらしく勝手な事をつらつらと書いていこうかなと思ってますのでどうぞよろしくお願い致します。
チームを強くするためにはよく「短期的な視野」と「長期的な視野」で見る必要があるとはよく言われています。短期的とはつまり一年先の来季に向けた戦力をどう作っていくかであり、逆に長期的な視野というのは育成を軸にして4.5年先の主力を作っていくということであります。この両輪が嚙み合ったときにチームは常勝軍団と呼べるようになるのでしょう。
これを一番徹底しているのが今年日本一になったファイターズでしょう。短期的視野においてはレアード等のすぐに活躍できる戦力を整え、長期的視野に重きを置くドラフトでは4,5年先の主力になるような選手を獲得し、しっかり育成する。また、多少強引な部分もあるが常勝軍団になったソフトバンクもFAや外国人を補強しながら、自前の選手を3軍制まで敷いてじっくり育成しようとする。そういった両輪がしっかり働いているチームは基本強いということになるでしょう。
一方ドラゴンズはどうか。やはり最下位のチームですので両輪が噛み合っている訳はないんです。近年は短期的や視野での補強で成功したのは基本ルナとビシエドのみであり、長期的な視野でのドラフトでは、この5年のドラフトで不動のレギュラーに成長出来た選手は一人もいない。補強と育成の両輪が機能してないんです。これに関してはもう誰の責任じゃなく、編成と現場も含め全員の責任だと私は思ってます。ただ谷繁監督は事実上解任させられました。GM含めたフロントの人間は首を切られないのかという声が大きい事は熟知してますが、それはもう今後球団が決めること。なので私は今後について語ります。


ドラゴンズの短期的な展望、つまり2017年の整備は既に動き始めており、野手は大島、平田、ビシエドの残留と新外国人ゲレーロの獲得である程度固まりつつあります。投手陣に関しても、計算できる先発の頭数が足りてないのと圧倒的な抑えがいないという現状にメスを入れて、FA含め獲得に動いているので心配はないでしょう。


一方長期的な展望をみると、投手陣はある程度血の入れ替えが出来ているように思う。ベテランと呼ばれる選手はもう岩瀬と山井しかおらず、両ベテランが来季引退しても困ることはないだろう。現状では計算できる投手は少ないが4、5年先をみれば小笠原君や若松が軸としてローテを回し、中継ぎも岡田や小川の両左腕が引っ張ってくれると期待できる。今年のドラフトでも先発候補の柳や中継ぎ候補の笠原を獲れたので順調に進んでいると思います。
一方野手の方をみると、まず外野は5年後も主力としてやっているのは平田のみと思ってます。ただその平田も条件付きで、膝の状態が悪化しなければです。現在でも故障気味ですので先行きは不透明と言わざるをえないでしょう。大島も5年後は36歳と、センターラインの限界説と呼ばれる35歳をオーバーしてますので、その時にレギュラーと呼ばれる存在かどうかは不明です。
ただそうは言いながらもあまり心配してません。それは今年のドラフトで石垣選手を獲得したことが大きいです。彼のスケールの大きさは正直過去の高卒ドラ一とひけを獲らない逸材であるため、この石垣選手が5年後平田選手の代わりにライトを守れるようになれば、その先10年は安泰します。さらに前回のブログで紹介した近藤選手が大島選手に匹敵するセンターに成長すれば平田をレフトに回すことが出来、5年後以降も困ることはないでしょう。
同じく捕手も木下・桂・杉山のこの3選手の誰かが来季レギュラーを獲れば5年後以降も安泰でしょう。
問題は内野手です。現在の不動のレギュラーと呼べる存在が外国人のビシエド一塁だけという内野で、レギュラー争いをしている若手が高橋周平だけというのは危機的状況です。
この高橋周平に関しては、今まで何度もレギュラーを掴み損ねていますが、来季で確実レギュラーを獲ってもらわないとドラゴンズの5年後を支える、本当の意味での主力選手が0になってしまう可能性があります。勿論福田君も頑張ってほしい存在ではありますが、長期的展望でみれば高橋周平の方が若く、5年後でもまだ20代の彼がなってほしいのは明確な事実であります。彼がレギュラーとして活躍できれば、他のくすぶっている若手や今年入ってくる石垣君や京田君に対して、この年代でも十分に一軍で活躍できるというのは見せつけられる効果もあるので、本当に頑張ってレギュラーをとってほしいと願ってます。彼がレギュラーを獲らない限りはドラゴンズの黄金期は厳しい、そう確信してます。
そろそろ竜の未来を担ってくれ周平!!

以上です。
山口FAに関してですが、びっくりしましたね。
情報戦で後れをとっていた中日がまさか本人の中で2択の存在にまで上がるとは。
またこの件に関しては記事にしますのでよろしくお願い致します。


ではでは!(^^)!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。