ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

チームの立て直しへ~本気で山口を獲りにいくのか?~

まず一言言わして下さい。横浜DeNAファンの方本当に申し訳ありません(>_<)
このタイトルみたDeNAファンの方にしたら「ふざけんな!山口は絶対に残留だ!〇ね!」と普通は思いますので敢えて批判覚悟で書かせていただきます。
ドラゴンズのチーム編成上どうしてもふれなければならない話題ですので・・・・


私自身現状ドラゴンズで何が一番足りてないかと言われればはっきり先発陣と申し上げます。以前のブログでチームを優勝するような強いチームにするには中継ぎ・抑えの強化が絶対不可欠と書かせて頂きましたが、今ドラゴンズは最下位のチームであり、「強化」より寧ろ「立て直し」の方が先決なのです。
因みにその記事がこちらです


よく先発陣の課題としては既定投球回に達していないことや10勝挙げれなかったことが挙げられます。勿論問題は問題なのですが、一番の懸念事項は40歳過ぎているバルデスおじさんを便利だからといって中4日で回してる程圧倒的に先発陣が足りない状況なのです。今年の先発投手陣は大野、吉見、若松、ジョーダン、小熊、バルデス、小笠原と一見揃っているように見えますが、そもそも開幕前は吉見が投げれるかどうかわからない状況であり、新外国人のジョーダンも昨年殆ど投げてない小熊も未知数、さらに小笠原に至っては新人で2軍でもしっかり先発できるかくらいだったので、開幕時にある程度計算できたのは大野、若松、バルデスのたった3選手のみ。開幕前から「これで大丈夫かよ」と思ってましたが案の定。もし吉見が復帰できず、ジョーダンもメドが立たず、小笠原も肘の状態が良くなかったらどうするつもりだったのか、今でも聞いてみたいくらいです。
これに関しては戦力補強を怠ったフロントの完全なミスです。それを預かっている谷繁元監督や森監督(当時はヘッド)が全く危機感を持ってなかったのもどうかと思いますが(まぁこの時期に責任論説いたって何にも生まれないのでこの話はこの辺にします)


来季に目を向けて、来季の先発陣を考えると
吉見、大野、若松、バルデス、ジョーダン、小熊、小笠原、(佐藤)(福谷)(又吉)
と揃ってるように見えますが、断トツで期待値の高い小笠原君は来季開幕に間に合うか不明で、バルデスおじさんも年齢を重ねていますし、今年で結構一杯一杯の投球してますので来季はわからない。小熊もいい投球はしているが一年間ローテを守った経験がないので此方も未知数。ジョーダンはそもそも中継ぎになるという説もある。()にしてある人達はそもそも中継ぎなんで頭数にいれるのもどうかというレベル。となれば来季ある程度計算できるのは吉見、大野、若松の3選手しかいないし、もっと言えばこの中で先発完投が期待できるのは大野と若松のみで中継ぎが休んでられる日が殆どない現状には間違いありません。
やはり来季も先発陣は足りないという印象ですし、大野や若松、吉見の誰か一人でも抜けると今季と同じ結末になる可能性が十分にあります。


補強の話に移せば、本来なら今季苦しんだ先発事情を鑑みて抑えよりもまずは先発の外国人補強に必死で取り掛かるはずなのに、渡米前の森監督のインタビューでは抑えの補強ばかりに目をいってたので、私個人的にはそりゃ優勝するためには必要だけど、最下位の現状分かってるんですか?と思っていました。
しかし、昨日の森監督出演のラジオ内でFA権を行使した先発の出来る選手(山口)と水面下で交渉していることと、もしダメだった場合は外国人の先発を考えていると明言しました。

中日ファンの方はこれまで通りまたポーズなのでは?と疑っていると思いますし、副題も疑問文ですが、結論言わしてもらえば「本気」で狙っていると思ってます。
というのも、現在ドラゴンズの外国人はビシエド、バルデス、ジョーダンが退団してません。そこにゲレーロが加わりさらに抑えも加えることになれば計5人ということになる。
(因みに森監督は外国人を計5人とすることは既に明言しています)
となればもし外国人の先発投手を補強するとなると必然的にバルデス・ジョーダンのどちらかは切るという方向にもっていくはずです。ある程度先発で活躍したバルデス・ジョーダンどちらかを切ってでも外国人の先発を補強をしたいという森監督の本気度が伺えます。では何故山口なのか?簡単にいえば、外国人枠を考えなくて済むからです。山口を獲得すれば、バルデス・ジョーダンの両先発を切ることなく新たな先発投手の山口を先発陣に加えることが出来ます。
さらにもう一つのポイントは岩崎達郎選手が育成枠で契約されたことです。岩崎選手は支配下登録されませんでしたが、金額的には支配下選手と同額の金額をもらってます。仮に山口選手が獲れた場合に発生するのは金銭補償か人的補償です。もし仮にDeNAが人的補償を望まず金銭補償を望んだ場合、支配下の枠は必然的に一つ埋まってしまう。中日球団としては育成選手を抱えている以上、開幕は基本枠の70人から2つ空ける68人での登録を視野にいれてるため、山口が獲得でき、相手が金銭を選んで枠が減らなくても68人になるように設定し、仮に人的補償で67人になってもすぐに岩崎を支配下に登録するいった流れにするのではないかという、妄想です!ごめんなさい(>_<)
ただ、現在三ツ間君の支配下登録を入れて支配下数65人となり今回のゲレーロ選手と抑えの新外国人が正式に獲得できれば計67人となる現状なんであるかなぁと思っただけです。こういう考えもあるのかな程度に留めておいて下さい。


今更なんですが何故岸じゃなく山口なんだという話は具体的にはしません。岸はFA前から楽天行くことは大筋で決まってたみたいですし、繊細な岸よりも若く完封が出来て、使い勝手の良さがある山口の方が森監督の好みですから。


まぁこれまで色々と書いてきましたけども、まとめるとドラゴンズは先発補強は必須で森監督も重々それは承知していたということになり、その補強ポイントに一番合致する山口投手はジョーダン・バルデスの契約保留から本気で狙っており、その土壌は出来ているのではというお話です。


DeNAファンの方には本当に重ね重ねこんな糞みたいな記事を書いてしまいお詫び申し上げます。私個人も山口は横浜に残留するのが一番だと思ってますし、恐らく残留するんじゃないないかと思ってます。
ただ巨人に行くくらいなら中日に来てほしいなぁとはドラファンとして心のどこかで思ってますので、1%くらい期待して待たせてください(;_;)


以上です。


では今日のファン感行ってきます(#^.^#)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。