ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

秋季キャンプを振り返る

昨日はナゴヤ球場に一週間ぶりに行ってきました。毎年観にいってはいるんですが、今年は例年より少なく計4回しか行けませんでした。年々朝が辛くなってきているのかな・・・
途中なんかユニフォーム着てない人が来て、コーチ陣がえらい集まっていたんで誰かなと思ったんですが、落合GMだったそうですね。携帯持って行かなかったんで「GMだよね?」程度しかわからなかったです。結構長いこといましたし、土井さんと森脇さんとずっと話してたような気がします。記憶が正しければ秋季キャンプに顔出すのは2013年オフ以来じゃないかな?恐らく森監督が最終日に間に合わないから来たんでしょうが、岩崎のテスト期間が終了する事もあってナゴヤ球場に寄ったのではないでしょうかね。岩崎とも談笑してたようなので契約は間違いなさそうです(動きみてても普通に直倫のバックアップ要因にはなりそうですし)


今日で秋季練習が終わりました。実際見てて思ったのは厳しい練習をしているイメージはなく去年よりも基本を徹底した練習をしていた印象です。周平や溝脇等に森脇コーチが打球の追い方を徹底的に指導してましたし、小笠原監督や土井コーチはとにかく下半身主導で打てるように指導してました。基本当たり前なことなんですがまぁそれ程基本が出来てないという事の裏付けなんですよね。
因みに落合政権の時は厳しいキャンプで有名でした。それはなぜかというとレベルが高い人向けの練習だったからなんですよね。当時の主力だった荒木や井端等は基本の動きがしっかり出来ている選手でした。そういう選手達がさらに上を目指すための練習を課していたのでそれは厳しいものになりますし、それに食らいついていく若手からすれば死ぬほど辛かったと思います。また当時の落合監督はついてこれない選手は必要ないとはっきり断言していましたので精神的にも追い込まれたキャンプになっていたとは想像に難くありません。だからこそついてこれた選手達は強くなりますし、チームの底上げは容易に出来ました。
今年は勿論近年はその基本の動きが出来る選手が殆どいなくなってしまい、練習も若手に合わせた練習メニューになっています。それでも怪我をする選手が続出しているのは今の現状を物語っています(2005年や2006年のキャンプやったらどうなるんでしょうね)。
野手に関しては大きな底上げは難しいかもですが、このキャンプでは徹底して基本を教えていたので、その教えてもらったことを選手達が継続的にやってくれれば先に述べた「基本の動きが出来る選手」になってくれるんじゃないかと思います。
そういった意味では近年に比べたら充実した内容だったのではと個人的にはみています。


続いて沖縄組ですが、私は現地に行ってないので現地に行った人の感想を聞く限り、こちらは2005年並みの厳しい雰囲気を感じたそうです。徹底的に走り込みを行い、少数精鋭なのでコーチ達も一人一人に厳しい言葉をかけて追い込んでいたようです。
この投手陣に関しては私非常に期待しております。というのも投手にとっての基本は「走る」ことです。山本昌氏も吉見も言ってましたが、投手は走ることをやめたら終わりです。近年のドラゴンズ投手陣は投げる球云々よりも投げる土台がしっかりしてない選手が多すぎるという印象でした。だからこそ先発で年間通して投げる選手も少ないですし、中継ぎもシーズン中盤あたりから崩れてきたんですが、今年のキャンプではその走り込みの徹底が復活しその土台作りを行えたのは、来季に向けてという点で非常に良いキャンプだったのではないかと。それに一番良かったのは脱落者が殆どいなかったこと。早い段階で阿知羅投手や金子投手が離脱した時は正直半分くらい残ってればいいのかなと思ってたんですが、意外にもそれ以降は短期的な怪我はあったにせよ全員が完走できたのは嬉しい誤算となりました。
確実に沖縄組で完走した選手は全員成長できています。特に若松投手や小熊投手なんかは投げる土台がない代表例だったのでその土台ができていれば二桁は確実に勝てる投手になります。このブログを読んで頂いている皆さんも是非沖縄組に注目してください。少なくとも今年よりは絶対に期待していいはずですから。


話を戻して基本の練習を行っている野手陣の中で期待できる選手がいるかという事ですが、これは色んなメディアでも出ているのであえて細かくは言いませんが、私が見てきた中で秋季キャンプで大きく成長したなと感じるのは木下選手と遠藤選手ですね。個人的に前から期待値の高い石岡選手は大きく成長したというより、一歩一歩着実に成長している感じですね。飛距離は今年の二軍で観戦した時よりも確実に伸びてますし、何より小笠原監督につきっきりで指導してもらってるので近い内に間違いなく出てくるでしょう。
逆にもう一人の期待値の高い渡辺選手はもう一皮むけないとだめですね。あまり二軍戦で見た時と成長したなと感じる部分はなかったです。大きな怪我はしてないのでそれは良かったかなと思います。
やはり全選手にいえることは怪我をしたらダメです。福田にしろ直倫にしろ杉山にしろ怪我をすれば今まで積み上げてきた経験値が停滞もしくは0になってしまい、折角の積み上げの時期を棒に振ってしまい現状維持になってしまいます。怪我さえしなければ不器用でも経験値はちょこっとずつ上がっていきますので完走をした選手は確実にレベルアップは出来ています。なのでここで名前を挙げなかった高橋周にしろ近藤にしろ昨年よりはレベルアップしてるのは間違いありません。


木下選手はもう若狭さんの番組でも語られていましたが、フリーバッティングでもポンポンとスタンドインするほど本当に飛距離が伸びました。元々下半身は高橋周平並にしっかりしていたので、下半身主導で打てればと思っていたのですが見事に成長出来てますね。正捕手争いに話を移せば、杉山、桂が怪我をして出遅れてしまった今、キャッチングや投手とのテンポの良さが一番上手い木下が大きく近づいたのではないでしょうか。勿論春季キャンプまでに彼らが盛り返してくる可能性もあるので一概には言えませんが、吉見がトヨタの後輩をリード面で育てようとする意志があるのならあっさりと木下が正捕手になってしまう可能性があります。杉山もリードが出来るといっても最下位のチームのリードですから、大きなプラス材料ではありませんしね。
続いて遠藤選手ですが、こちらは打撃というより外野守備です。正直ここまで外野守備が上手いとは思いませんでした。調べてみると学生時代にセンターをやったことあるそうで納得といった感じですが、それでも上手いなという印象を受けました。内野では
あれだけ一歩目が遅かったのに、外野ではその一歩目が速いんですよね。打球の追い方も基本に忠実で一直線に追えてますし、例えるなら梶谷みたいな外野守備です。レフトとはいわずにライトでも十分やっていけるんじゃないかなと個人的には思いました。
打撃に関しては同じ外野の井領選手の方がスイングの速さ含めてまだまだですが、残念ながら井領選手が怪我をしてしまいました。この怪我がこのオフにまで影響すると外野手争いでは遠藤がリードするんじゃないかなとみてます(勿論助っ人にも左右されますが)。


勿論今の段階の話です、何度も言ってますがプロ野球選手はオフの期間をどう過ごすかによって大きく変わってきます。怪我してない選手もこのオフに怠けてしまえば折角の秋季キャンプも無駄なものになってしまうし、逆に怪我して出遅れた選手もオフで何とか取り返すことはできます。ですのでこのオフの期間を選手全員大事にしてほしいと願っています。


さて、森監督が昨日帰ってきましたね。今日の中スポに面白い事が書いてあったので改めて書きたいと思います。色んな話を聞く限りやはり今年の外国人市場は不作のようです。今年の補強みてどの球団も外国人に対して大きく動いている印象はありませんし、あのソフトバンクでさえもロッテのデスパイネを5億以上の大金を出して獲ろうとしてますからそれ程日本に来てくれる新外人にパッとする選手がいないのでしょう。勿論デスパイネはあのマリンスタジアムで20本以上打ってますから、もしソフトバンクが強奪に成功すればとんでもない打線が出来ます。
後、糸井が阪神確定の記事が出ましたね。サンケイじゃなくて日刊とスポニチが報じてましたので間違いないんじゃないでしょうか。
他球団ファンの人間が何言ってんだと思うかもしれませんが、正直糸井が大きな戦力アップに繋がるとは思えないんですよね。福留がファーストの練習をしていて、さらにゴメスを切った段階で糸井は確定したと予想つくんですけど、正直ゴメスの方が嫌でしたし、福留はライト守ってなんぼの選手。ファースト福留はこちらからしたら勿体ないなと思います(まぁ糸井がセンターを守れるとも思えませんが)
阪神ファンの方申し訳ありませんでした。他球団ファンのいらないお節介です"(-""-)"


今日は久しぶりに朝一投稿をしました。
今日も一日頑張りましょう!!
ではでは!(^^)!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。