ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

スタートライン

今日はドラゴンズファンにとって二つの嬉しいニュースが入りました。
一つ目は柳君率いる明治大学が明治神宮大会に優勝し、本人にとって最高の締めくくりとなったこと。
本人も桜美林の佐々木君との投げ合いで意識した部分はあったと思うが、登板過多で疲労が蓄積し、ピッチングどころではなかった。録画映像を見る限り、普段の球速も変化球のキレもなかったですし、投げる球の殆どが捕手の構えた所とは違って真ん中に集まっていた。それでも4回2失点とゲームを壊さない程度に抑えるあたりに彼の底力なのではないかとも思う。
本人も大学最後の試合ということもあってか、父親の葬儀の時には流さなかった涙を流していた。そのくらい大学での野球生活が充実していたものだったんだと個人的にはそう解釈している。


ただこれからが本当のスタート。プロ野球選手として選ばれた以上、既に来季の戦いは始まっているし、彼にとってはもう「オフ」の期間といっても過言ではないだろう。
今は肩の疲労もあるし、疲れもあるだろうからしっかり休み、このオフの期間しっかりと来季に向けたトレーニングを行ってほしいと思います。まぁこんなこと周りから言わなくても彼ならしっかりやってくれるとは思いますし、彼は相当なトレーニングマニアと聞いておりますので効率の良いトレーニングを行ってくれると思います。
彼もインタビューで語ってましたが、同じ明治の同期でヤクルト2位指名を受けた星君と切磋琢磨しながら新人王目指して頑張って欲しい。


そして二つ目は岸本君の支配下登録。
こちらはようやくという声もあるし、まだ早いんじゃないかという声もあるが私個人妥当なタイミングではなかったかとも思うし、入団してからナゴヤ球場で彼の投げる姿を見ていた身としては喜びも一入です。
入団当初はストレートしかなかった彼だが、変化球で空振りがとれるようになったU-23での姿は成長の証だろう。
ただこのまま来季一軍で計算できるかといわれればまだまだだ。彼が期待されているポジションは中継ぎだろうが、タイプが似ている同じ中継ぎの福谷と比べると球速も変化球のキレも劣っている。
中継ぎの構想を考えた時、同じタイプの中継ぎを一軍に定着させることはないため当面の彼の目標は福谷を超えることが求められるだろう。
そのための第一歩として来季は二軍の守護神として無双をしてほしいと思っている。本人も契約更改の時に防御率0点台を目指すと語っていたが、まさにその防御率0点台を二軍の守護神という立場で成し遂げてほしい。彼は3年目だがまだ全然若い。下でしっかりとした成績を残し堂々と一軍のマウンドで活躍してくれる日を楽しみに待ちたいと思う。
編成面での話をすると、岸本が支配下登録されこれで現在の枠が64人となった(ビシエド・バルデス・ジョーダン含)さらに同じく支配下が濃厚の三ツ間と楽天からの岩崎を含めても66人となるため、恐らく新外国人は2名程になるのではないかと予想している。
計68名で来季シーズン途中に支配下にあげたい選手や、金銭トレードを行う際の枠を2つ空けて来季は戦うだろう。


今日は柳君も岸本君も立場は違えど、プロ野球選手としての新たなスタートラインに立った。あくまでスタートラインであり、ここからが勝負だと思ってしっかり頑張ってほしい。
秋季キャンプも終わりに近づいてきている。他の選手も残り最後まで全力で駆け抜けてほしいと思っております。


以上です。
ではお休みなさい!(^^)!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。