ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

岩崎、巽、井出の必要性

世間は強化試合で一喜一憂ムードですが、そもそも観光目的で来ている相手に勝つか負けるかなんてどうでもいいですし、大谷の品評会になっている感が否めません。そんな相手に苦戦強いられてるのもどうかと思いますし。
岡田君も頑張ってますが、今回の活躍でWBCに呼ばれて変に打たれないか心配するほどのマイナス思考のため不安しかありません。呼ばれたら適度に頑張ってくれとしか言えませんし、シーズンを棒に振るようなマネだけは絶対にしないでほしいと思います。


さて昨日のトライアウトで早速ドラゴンズはかつての同僚の岩崎や元横浜の井出、さらに元ホークスの巽の獲得を検討しているとの報道が出ました。岩崎に至ってはテスト生としてこのキャンプに呼ぶとまでいっていますので、岩崎は獲得決定でしょう。この時期にテスト生で呼ぶということはフロントが予想していた通りの動きならほぼ間違いなく契約する意思があるということになりますから。



以前のドラゴンズの来季構想を語った際に、二塁は荒木という最大の保険がいるため最悪荒木が守ってくれると書きました。しかし、あくまでそれはレギュラーの話であって工藤のようなスーパーサブの存在は触れていません。確かに二塁は荒木がそのスーパーサブ的存在にもなれるため安心ですが、遊撃手はどうでしょうか?
遠藤が開幕レギュラーでしたが、最終的には堂上がレギュラーとして活躍しました。今年は堂上に頼りっぱなしの一年だといっても過言ではありませんでした。もし堂上が怪我をした場合のリスクはどうなるか?既に秋のキャンプでは別メニューも強いられており、相当な疲れがたまっているようにも見てとれますので、来季フルシーズン活躍できる可能性は現段階では極めて低いと考えるのが妥当だろう。そのリスク回避は絶対に考えておかなくてはいけないものです。そのリスク回避の対象ですが、開幕ショートを守った遠藤は来季から外野なので、残るは阿部選手のみとなります。ただ阿部選手も決してショートがうまい選手ではない。しかも堂上の代わりに出た阿部が怪我をした場合は今までほとんど一軍で活躍したことない三ツ俣や新人の京田に頼らざるをえなくなるため、安定した守備を求めるとなれば実績ある岩崎は補強ポイントとして合致するだろう。
またドラゴンズ全体を見渡しても遊撃手を任せられる選手は非常に少ない。その良い例が
今年の二軍戦で三ツ俣が調子が悪くなったときに、普段二塁を守っている溝脇が守るというケースだ。
正直二軍戦をみてて三ツ俣が怪我をしたらどうなるんだろう?と特に後半はみてました(まぁだからこそ京田を獲得したんですけど)。
二軍が強くなければ一軍も強くなれないという持論を持つ私ですが、その二軍を強くするためにも岩崎の獲得は正しいと思います。


そして巽と井出の二選手ですが、この選手たちはまだ報知しか報じてませんので真意はわかりません。ただそれが事実だとしても支配下で登録する理由はないと思ってます。まず巽ですが確かに球速は出ていましたが一軍の戦力として来季計算できるかは微妙です。彼は先発投手として活躍を期待されてましたが、ソフトバンクでは二軍の敗戦処理にまで落ちこんでしまいました。私個人契約するのもどうかなぁと思うんですが、もし契約するならば育成選手として一年二軍で頑張ってもらいたいなとは考えてます。二軍の投手の戦力は今年の福谷、浅尾が中継ぎとして頑張ってくれましたが、福谷は先発に回る可能性もあり、浅尾は彼の肩次第では投げられなくなる可能性も秘めてます。福谷、浅尾頼みの二軍が大きく変わる可能性があるため、若手中心の二軍に巽のようなベテランがブルペンにいるのは大きいのではないかとは思います。
それは井出に関してもそうです。彼の守備は面白いですが打撃は今の一軍で活躍するレベルではありません。彼をスタメンに使うなら工藤や藤井で十分です。
ただ育成選手として二軍を支えてくれるならありがたい存在とはなります。今のドラゴンズ二軍外野手でまともに守れるのは松井佑介くらい。守備固め要因としても二軍では重宝されるんじゃないかと思いますので育成での契約ならこちらも賛成です。


育成なら必要ないじゃんと考える人は今の二軍の現状をよく見てない人です。来季も優勝争いをするであろうソフトバンクは大量に育成を毎年獲得し、二軍戦でその育成選手をフル活用してきます。支配下登録されなければ一軍では使えないため、育成として契約をしている以上は二軍にとって安定した戦力としてみなせます。これは非常にでかいです。
ドラゴンズもこの巨大戦力に立ち向かうためには育成選手がかなり重要になってきます。今年も二位になれたのは投手では三ツ間、野手では途中まで育成だった近藤や今季外野で活躍していた渡辺君、代打の多村の存在は非常に大きかったですので。
という意味で彼ら二人を獲得するならば育成として二軍の貴重な戦力になってもらいたいです。


勿論彼らがしっかりプロ野球選手として動けるかのテストによって左右されますが、岩崎に関しては十分一軍の戦力として期待できるので獲得は妥当だと思いますし、ドラゴンズ全体を見渡しての補強という点で育成選手という契約も考えるなら他二名の契約もアリと結論づけます。


以上です。
ではではおやすみなさい!(^^)!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。