ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

森監督から来季森GMか?

既にドラゴンズでは契約更改が始まっています。契約更改の感想はある程度終わってから話そうと思いますが、一つだけ言わしてもらえれば西山球団代表は感情論を徹底的に排除し、出場試合数を一番の査定評価ポイントとして評価してます。まぁその査定到達に対する評価が2013年よりも緩くなっているのは事実だとは思います。よく落合査定云々いわれますが、昨年からの契約更改は西山球団代表が行っていますので全く関わってないのは間違いないですよ。


今日のお題は東スポばりの記事ですので本気にしないでください。
あくまで今までの新聞や聞いた話の情報を個人的な解釈を交えて書く読み物ですww


今年から森監督になりました。正直私の中では小笠原監督になり、森監督はヘッド留任かフロントにGoかと思ってました。流石にドミニカンルートの太いパイプがあって頼りっぱなしになっている現状、同氏を本人の意思関係なく解任することはないとは思ってましたが、まさかの監督。
その森監督は現在今までやってきた外国人助っ人の招聘は勿論、ドラフトの最終決定権や大島の引き留めまでにまで口を出せるまさに「全権監督」として精力的に動いている。
しかし、いくら全権監督とはいえやはり監督が現地まで行き、長期間不在になるのは違和感を覚えます。勿論森監督しかドミニカに行ける人間は実際いない現状なのですが。


何故来季から森GMになりそうなのか。それは夕刊フジの記事の中に森監督のインタビューが記載されたものがありました。


その中から気になるフレーズを抜粋すると。


・俺はあと一年契約が残っている


・俺が行かなくてもいいようにフロントを少しずつ変えていく


と話していました。


中日スポーツには複数年契約と書いてありましたし、事実を捻じ曲げないで有名のNHKニュースにも複数年の報じられました。しかし、本人の口からは一年契約と話している。


これは最初私自身疑問に思いました。しかし、後から話を聞くとフロントを含めた契約が複数年で現場監督としての契約が一年という線が非常に強いということになります。


この契約は不思議ではなく、例えばヤクルトの小川監督が退任された後、間髪をいれずにフロントに入りました。またオリックスの森脇氏が監督を途中で休養した時は、オリックスを離れることなくSAとしてそのままフロント入りしました。つまり複数年契約を結んだとしても現場からいなくなる可能性は十分にあるんですよね。


つまり来季で森「監督」としての契約は単年契約で森氏としての契約は複数年とみるのが妥当ということになります。題目では森「GM」となってますが、GMじゃなくともフロントに入るのは間違いないと思ってます。そうみると、次の気になるフレーズにあるフロント改革も納得できます。通常現場にいながらフロントを改革することなんて不可能です。フロントを変えるためには自身がフロントの人間として森ルートを引き継いでいかなくてはなりません。


では森氏のフロントとしての能力はどうかという点ですが、少なくともネゴシエーターとしては一流です。言葉の通じない外国人選手と現地で直接契約を結んでくる人間が今の球界にどれだけいるか。また球界に幅広い人脈も持っています。中日と全く無縁だった大物コーチの森脇氏は森監督の人脈だからこそ呼べましたし、土井さんが臨時コーチから常任コーチを引き受けてくれたのも森氏との深い関係があってのもの。


彼は西武出身ですが、コーチとしては西武、日ハム、横浜、中日と4球団渡り歩いてます。人脈というのは狭いプロ野球世界では非常に重要であり、そこからトレード等が生まれたりするものでもあります。


中日球団としてもこれほど幅広い人脈と交渉力、海外への太いパイプを持つ人物を手放す理由がないですし、彼と同等の人脈を持つであろう某鷲育さんは過去のいきさつから戻ってくることはないでしょう(お金もないですしね)


本人も常々目標に置いている人物をかつての「球界の寝業師」と言われた根本氏と発言していることからフロントに入る気持ちは十分にあるとみます。ただ彼の就任会見で話していた「このまま終わるわけにはいかない」という強い現場へのこだわりがあるので監督を引き受けたのでしょう。


個人的には彼のフロント入りは大賛成ですし、早くフロント入りしてもらっても一向に構わないのです。寧ろ来季シーズン途中でフロント入りしてもいいくらいです(ついでにデ〇ーも・・・アメリカ担当スカウトとしてどうですか?)



とまぁこんな感じです。


因みに1月退任が噂されている例のあの方ですが、今の段階で聞いている話ではGMを退任します。予想通りですが・・


ただ一つだけあの頃の予想と変わったのは小笠原監督ではなく、森監督になったことです。正直あの頃は小笠原監督になって高山氏が一軍投手コーチ。森氏はフロント入りして彼から色々引き継ぐ形になるものだとばっかり予想してました。これならば彼は完全に球団にいる必要がなくなるので中日球団からも離れるかなと思ってはみたんですが・・・


正直今現段階では中日球団にいるかはわかりません。白井オーナーの一存で変わってきますが森氏が完全にフロントの人間になるまでの後見人程度ではいるんじゃないかなとは思います。全権監督でいられる理由も例の人がフロントにいるから成立するものなので(でなければ普通新任監督に全権委託しません)。


こちらに関しては全く分かりませんし、いてもいなくてもチームがまとまっていれば全然OKです。森監督とも仲も良好なんでね。



以上です。


駄文失礼いたしました





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。