ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

福田のレフト構想外から考える野手の来季構想

今日の契約更改は二人だけという事で、球団首脳陣も明日からのFA解禁に向けてミーティングが行われたんじゃないかと密かに期待している管理人です。
今日の中スポでは非常に興味深い内容が記載されてました。それは森監督自ら福田に対して来季レフトでの構想はないと本人に直接進言していたということです。
昨日の記事で私はレフトは福田、遠藤、近藤で争ってほしいという意見を述べました。確かに今期の福田のレフト守備に関しては課題が沢山ありましたが、この秋季キャンプで鍛えれば改善できるのではないかと考えていたために、福田のレフト起用を推進していました。ちなみに福田の外野守備の一番の問題点は打球の追い方です。
ただ森監督はもうレフト福田はないと断言していますので、当然彼の生きる道は一塁か三塁ということになる。まさか下半身を昨年怪我したビシエドにナゴドの外野手やらせて年間持つと計算しているわけないので基本ビシエドは一塁と考え、余程絶不調でない限り一塁はヒビシエドだろう。となってくれば必然的に三塁ということになるが当然そこには皆さんご存知の高橋周平がいる。
ここは私の推測ですが、恐らく森監督は来季高橋周平を不動のレギュラーにする考えはないのだろう。完全に福田と競わせて勝った方を使うというスタンスで行くことになり、高橋周平にとっては大きな試練が待っている。私個人の意見としては確かに今年後半の高橋周平はいい加減にしろよと思いたくなる程のバッティングだったが、その競争相手が福田でいいのかとは思いたくなる。一応ドラゴンズにとっては貴重な左の中距離打者のために福田という大きな存在を当てて本気でつぶされないかは不安である。勿論つぶされたらそれまでの選手と捉えることもできるが、では福田が三塁に適した選手であるかと問われれば今の段階では違うと言わざるをえない。
非常の難しい選択を迫られることになるだろうが、そこは森脇コーチや土井コーチとよく相談した上で決断してほしい。
そうなればレフトのポジションは遠藤や近藤といった昨年ほとんど守備機会のなかった選手に期待することになるので非常に難しい。困ったときの藤井や工藤を開幕から使う状況になりかねない。外国人選手でレフトを守れる助っ人が獲れればいいのだが・・・・
ナニータを放出した今もし森監督が福田を除いた若手野手に期待しているのならば、残念ながらフロント向きではないだろう。


続いて二塁手に話を移す。
正直二塁手は安心はしてないがレフトよりは心配していない。レフトとは違い亀澤や阿部等二塁を何試合か守った選手がいる。特に亀澤は昨年荒木より出場機会は多かった。二塁に関しては彼らが競争しながらレベルを上げてくれればいいと思ってますし、もし二人がダメでも荒木という最高の保険があるために編成面で窮地に立たされることはないだろう。因みにエルナンデスを切ったのも阿部がある程度使えると見越して切ったと推測されるので阿部に関してはたとえレギュラーになれなくても縁の下の力持ち的存在として今後かなり重宝されるのではと期待している。


捕手に関しては完全にどんぐりーずですね。
誰がやってもおかしくありません。今の段階で誰がいいかはわかりませんのでこのオフの過ごし方で差が出てくると思います。春季キャンプの動きをみた上で判断したいと思います。


まとめますと、
レフトは福田を使わない以上補強は必須
一塁は余程の事がない限りビシエドであり、三塁は福田と周平の争いになる
二塁は荒木の保険をうまく活用しながら競争できる土台がある
捕手はまだわかりません。


因みに挙げてないポジションに関しては余程の事がない限り去年まで守っていた選手でしょう。


以上です。
ではお休みなさい(#^.^#)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。