ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

大島、平田の穴埋め

ここにきて大島、平田両選手とも他球団へ移籍するのは確実となっただろう。
大島は球団との話し合いを既に終えており、現在の心境を中日スポーツではハーフハーフという発言をしている。
中日スポーツという中日寄りを記事を書く新聞記者の取材に対してハーフハーフというのはハーフではなく、移籍に傾いていると捉えられる。大島は球団への不信感はないが、所謂福留タイプで金額ベースで考える選手のため、恐らく球団から提示された年俸に納得いっていないのだろう。大島も骨が折れても出場したとマスコミを通じて訴えているが、今までどれだけごねても上げなかった中日球団が契約を見直すような事はしないはず。大島が譲らない限りFA移籍は確実だろう。
一方平田は金額云々よりも球団への不信感が強い。明るいチームを目指しているが、それが出来ないのは球団のせいと思っている。契約でも2年続けて保留していることからも今更年俸でその大きな溝を埋める事は出来ないだろう。
もっとも平田は自分が活躍できないのも球団の雰囲気と割り切り、活躍の場所を変えれば打てると思い込んでいそうだ。
考えるといって口を閉ざしているのはもう既にFA解禁が近づいたら宣言すると腹の中は決まっているからだろう。現状ヤクルトが手を挙げているし、ヤクルトに移籍するだろう。残念だがヤクルトで頑張ってもらいたい。


大島、平田が抜けた穴は確かに大きいが私から言わせればかつて福留が抜けた時を考えれば痛くも痒くもない。
福留の穴埋めは和田という大物を獲得しても埋まらなかった。しかし今回は同じくFAの資格を持つ聖澤や雄平が仮に宣言した場合、彼らの穴埋めはこの二名で十分補える(両名大体同じ成績を残している)
まぁお金のない中日球団ではFA獲得なんて夢のまた夢でしょうし、ドラフト選手にお金をかけるのに精いっぱいな現状をみれば、目新しい補強は外国人のみということになりそうだ。
となれば、基本線は現有戦力に頼らざるを得ない。
現在、彼らを抜いた外野の状況をみると、
藤井、工藤、井領、友永、近藤、ビシエド(登録上)、古本、松井佑、赤坂、渡辺勝(育成)だ。
ビシエドは一塁の可能性があるため、レフトに今年コンバートが予想される福田をいれてもどうだろう?やはり選手層の薄さは否めない。どうしても外部の血は必要となるだろう。そこで私個人が考える補強案を3つ述べさせていただきます。


①、平田、大島の人的保障
両名はBランクであるため、人的補償または金銭補償が必要となってきます。いくら金のない球団でも金銭補償は現年俸の60%しかもらえないため、選手+現年俸の40%確保できる人的補償をどちらとも選択するだろう。
大方の予想は大島が巨人で平田がヤクルトだが、どちらとも外野陣は非常に豊富な戦力を持っている。巨人なら太田や松本哲也であり、ヤクルトなら比屋根や上田が恐らくプロテクト漏れするのではないかと予想している。レギュラークラスではないが、守備も無駄がなく今のドラゴンズなら十分スタメンに名前を連ねることの出来る選手だろう。
最低でも一人はこのクラスの選手を確保したい。
②外国人の補強
今年はリナレスをパイプ役としてキューバを中心に外国人は補強するそうだ。キューバは近年鎖国解禁の動きがみられることから選手も非常に流動的だ。基本はメジャーリーグだろうが、リナレスの人望に期待し、少しでも良い人材を確保してほしい。
私個人はライトやセンターを守れる強肩の選手が理想だ。かつて中日にアレックスという選手がいたが、理想はまさにそれ。大島、平田が抜ければその分の金額は浮くだろうし、この外国人補強だけはドミニカくじのような事をせずに、お金をかけて頂きたい。
もし、アレックスのような選手が獲れたならもう外野は一つ埋まる。レフトに福田を据えても問題なしだろう。
③コンバート
自前の選手ということになるが、一番お金をかけずに外野の層を厚くできる手段だろう。
今年は福田がコンバートされるようだが、所詮はレフトと外野の中で一番負担の少ないポジションだ。ライト、センターを守るためには肩も必要だし、何より足がある程度速くなければならない。この条件にあてはまり、私が外野転向してもいいのではないかと思っている選手が二名います。
一人は遠藤選手。遠藤は内野手ですが、他の選手と比べると内野の動きが鈍い。たが素材としては打撃も悪くはないし、肩もそこそこ強く、足も速いために外野での心機一転を図ってもいいのではないかと思う。
二人目は石岡選手。現在は一塁手だが、彼は非常に足の速い選手だ。肩も見た感じ弱いという印象も受けない。実際社会人時代も外野手を経験しているので割とすんなり出来るのではないだろうか。特に石岡は打撃に関して、スイングに非常に魅力を感じる選手でもあるため、ビシエドがどんと構える一塁で勝負するよりも外野手として伺ってほしい個人的な思いもある。小笠原監督からも熱心な指導を受けていると連日報道されているため、ガッツ二世の誕生に期待している。


以上が私が考える大島、平田が抜けた時の穴埋め方法だ。
勿論、大島と平田が残ればこんなこと考えないで済むのでチームとしては勿論残ってほしいだろうし、私個人も残ってはほしい。


だが、残らないのであれば逆にチームが生まれ変わるチャンスととらえ、ドラゴンズの事をより一層応援していく次第です。


頑張れ!ドラゴンズ!
ではお休みなさい!(^^)!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。