ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

戦力外

10月はプロ野球のシーズンでは別れと出会いの季節。新しい選手を迎い入れるために何人かの選手は涙をのむ。それが厳しいといわれる世界の所以でもあります。



今年も既に何名か戦力外通告を受けました。若い選手も多いですが、2軍戦で彼らの雄姿は見てきている私個人はある程度覚悟をしておりました。投手中心の戦力外は恐らく森監督が決めたのでしょう。個人的には少ないほうだと感じたので少しホッとしています。野手はこれからだと思いますが、そちらもある程度覚悟しておきます。
今回の戦力外の中で私が驚いたのが多村選手の引退。
戦力外通告を受けたから引退したのか、もとから今年支配下になれなければ引退すると決意していたのか、本心はわからないがそう決意したのだから第二の人生を応援したい。
私個人は今の福田始め多くの若手が多村を慕っているので是非コーチとして残って頂きたいのだがと願っています。



しかし去った選手だけまた新たな選手が来る。その運命の日がドラフト会議だ。果たして誰をとるのか。今年は投手が豊作と言われていますし、その通りだと思います。
一位指名はある程度名前が売れた選手が来るのは当然ですが、問題は下位指名の選手。ドラフト戦略のうまさは下位の指名にあるといっても過言ではない。しっかりと良い素材の選手がドラゴンズに多く入ってくれることを願ってます。


また元中日で楽天を戦力外になった岩崎選手を獲得する意向があると一部報道でありましたが、エルナンデスと岩崎を比べると守備に関しての安定感は断然岩崎に分があります。
楽天ではムードメーカーとしても活躍してましたし、新しい風として再入団してもらいたいと思ってます。
新しい風といえば、ちらほらとコーチの名前が出てきております。
辻監督の後釜として奈良原氏やヘッドコーチにはなんとあの名伯楽土井氏の名前も浮上しました。勿論大本営ではない限り信用していませんが、奈良原氏は小笠原二軍監督とは日ハム時代で戦った盟友でもあり、中日OBでもあるため賛成です。ただ土井コーチに関してはどうなんでしょうか。加藤バッティングコーチも同じくご高齢ですし、衝突しないか怖いんですよね。
もし土井氏を招聘するならその辺の整理もしていかないといけないと思います。それに嶋村打撃コーチはどうなんでしょうか。若すぎる節があるので今の政権についていけるかも心配です。


とはいえ、既に来季へ動き出した森ドラゴンズ、今後の動きにもしっかり注目していきます。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。