ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

根本陸夫への第一歩:森繁和の覚悟

さぁ皆さん、森繁和監督の言葉を聞いてどう思いましたか?
私個人最初は否定的でした。
谷繁監督の後に繋ぎの監督というのは谷繁政権そのものがなかったような印象に捉えられてしまいます。なのでチームを立て直すなら谷繁監督よりも下の小笠原監督か実績がある落合gmがやるべきだろうと思ったのです。
だが、森監督の会見での言葉をよく読んで、納得したと同時に感心もしました。
ヘッドコーチとして谷繁政権を支えた身として自分も身を引く覚悟をし、進退伺いを出した。結果球団に拒否され、逆に辞めるくらいなら今の状況を立て直して次の監督がやりやすいように種まきしろ!と監督要請された。監督は中々なれないものではあるし、野球選手であった人間なら誰しもやってみたいポストであるのは間違いないが、今の泥船と揶揄される状況の中、しかも優勝するためではなく、次の監督のため敢えて犠牲になれと言われて果たしてやる人間はいるのだろうか。下手すれば彼の人生においても汚点となるかもしれないのだ。それでも引き受けるのは彼の責任感でもあるし、男気なのだろう。
就任会見でも「他の人が苦しむくらいなら、自分が苦しむ」という発言をしていたところにバッシングは覚悟の上とのことだろう。こういう所に彼の人間性が垣間見える。

森監督は常々故根本陸夫氏の事を師匠として自分に重ねている。根本氏もあの西部黄金期の種まきを行った人物だ。実際彼が監督をやった期間は全部Bクラス。名監督とは呼ばれなかったが、後に球界の寝業師とまで言われ、晩年には球団社長まで登りつめ伝説の男となった。是非森監督もその道を歩んでいってほしい。私個人今のGMより余程この人の方がフロント向きの人間じゃないのかと思っているので、監督退任後はGMの存在の有無に限らず球団に残ってほしいと思うばかりだ。


ではこうなってくると、誰にそのバトンを引き継ぐかというのが非常に大事になってきます。森氏は現役時代に中日に在籍していた中日OBが監督になるのが一番良いと話しましたが、それは私も同感です。かつて中日OBでなかったのは最近では山田さんくらいでしょうか?やはり選手時代から応援している人が監督になる方が応援しがいがありますもんね。しかし、折角森監督が耕したものを荒らすような監督では意味がない。この時ばかりはフロント主導ではなく、森監督がこの人なら自分の蒔いた種を咲かせてくれると思った人物になって頂きたいものである。今の所森監督は時期監督を中日OBでもある小笠原二軍監督を指名しているようですが、もしそうであるならば、その既定路線を踏み外すことなくやってほしいと思ってます。コーチ人事も小笠原二軍監督と相談して決めると語っていた通り、小笠原監督が一軍に来た時もスムーズにバトンタッチが出来る体制にもっていこうとする意向があるのだろう。もしそれが途中で崩れてしまえば、また一から構築し直さなければならず森政権は何の意味もなさなくなる。
森→小笠原の継承をどうかいち早くできるように、森監督には頑張ってもらいたいと思うと同時に、この流れをオーナー含めた内部紛争等で壊れてしまわないよう切に願いたい。
無論GMが退任して球団からいなくなったとしてもこの流れでやると球団が決めた以上突き進んでいってほしいと思います。GMがいなくなれば何もかも変わってしまうような球団ではそれはもう中日ドラゴンズという球団ではなく、落合ドラゴンズですからwww。



ファンにとっても暫く辛抱が続くだろう。勝利至上主義では辛くなると思うので、来季は下地作りと割り切り、個々の選手の活躍にも目を向けながらまた違った目線で楽しむのも一興なんではないでしょうか?


勿論負けて良いなんて事はありえないし、負けたら糞怒ります。ただ種まきという事でどうすればチームが良い方向に向かうのかと、前向きな意見は言わせてもらうつもりです。
辞めろ!という無責任な発言は私の流儀として絶対にしません。
叱咤激励しながらこの男気組長率いる泥船を見守るとしようではないか。


頑張れ!ドラゴンズ!!
来季が楽しみだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。