ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

これより下はない!!

結果はお伝えするまでもなく、4-1の完璧な敗北により今シーズンの最下位が確定しました。セレモニー中の罵声は理解出来ますし、逆に最下位のチームに罵声の一つもなかったらそっちの方が異常だと思う。
大野選手会長が「今年の秋冬春と選手個々がどうすればチームが強くなるかを考える」と言っていましたが、まさにその通り。フロントの失敗を声高々に訴える人も中には大勢いますが、実際闘っているの現場の選手たちであり、その選手一人一人が意識改革をしていかなければならないんです。ドラフトは失敗だったなんて、プロ野球に入る素質がある時点である程度皆素質はありますよ。厳しいこと言わしてもらえれば全員練習不足。コーチ陣やフロントのせいにしているならそれは考え方が甘すぎると思います。
勿論強いチーム作りをするのがフロントの責務であるならば、結果それが出来なかったフロントにも責任はあるだろう。だからこそ誰が悪いという訳でなく、選手、首脳陣全員に責任があると思うし、それは我々ファンにだってある。強かった当時はファンサービスが足りないと文句を述べ、ファンサービスをして弱くなれば強くなってくれと言う。又落合GMの事では必ず賛否が分かれて、彼のみ必要以上に責め立てるファンも少なからずいる。それではいくらチームが強くなったってファンは一体にならない。
我々ファンだって弱くなる原因を作ったのだから、反省しなければならない。
では今ドラゴンズファンは何を求めているのか?これは個人的な感想だがやはり強いチームになってほしいが殆どだと思う。「ファンと共に」を掲げBクラスに転落し、今日同様の罵声を浴びた高木政権から今年で4年連続Bクラスになり、ファンの気持ちは強い竜をみたいという思いは一際強いだろう。具体的にいえば「とにかく勝ってくれ!優勝してくれ!」という事。まずは強い竜の復活。ファンサービスはその後からでも遅くはないだろう。
強い竜復活、いや誕生のためファンは落ち目な時ほど見捨てずに応援し、選手首脳陣に対して叱咤激励をしなければならないと思います。


さて、最初に述べたように今年は最下位確定となった。
80周年を迎えるメモリアルな年にこの成績はなんとも皮肉であるが、これより下はないのだから、来季81周年は再スタートとして切りだせる絶好の機会ではないかとも思える。現時点では来季優勝出来る戦力でもないが、選手個々がレベルアップをしてくれればまだわからない。だからこそこのオフは本当に頑張ってほしいと願っている。
来季監督は未定だが、まさに火中の栗を拾うような形だろう。一部報道では小笠原二軍監督に決定のような事も書いてあったが真意はわからない。もし引き受けてくれるならこの状況下でやってくれる事に敬意を示し、全力で応援する次第だ。


ナゴヤドームでの戦いは終わったが、まだ2試合残っている。
選手には最後の最後まで全力で戦いぬいてくれることを期待したい。


頑張れ!!ドラゴンズ!!


ではお休みなさい(*^-^*)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。