ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

木下に期待

今日は難敵メッセンジャーでした。相変わらず縦のカーブを苦手とするドラゴンズ打線。しかもナゴヤドームの高いマウンドから投げ降ろされるように来るボールには今のドラゴンズ打線では一点をもぎ取るのが限界だろう。
吉見も調子自体は悪くなかったと思う。しかし、相手がメッセンジャーということを考えて一発は今日の試合絶対に避けて欲しかった。木下のリードに何度も首を振ったいたのである程度自分の思うように投げていたようにみえたので、言い訳はできない。元々コントロールが生命線だが、全盛期はそれなりに球威もあった。そのかつてのような球威はなくなってきているため、多少甘くなったり、読み打ちされるとHRにされてしまう。はっきり言わしてもらえれば実力不足だ。
しかし今年は引退を決意した去年から一転し、ドラゴンズ投手陣で一番イニングを稼げるまで復活、いや「進化」した。来季以降彼ならもっと自分の投球を進化させてくれるだろうと信じます。

そして、今日の収穫は吉見とバッテリーを組んだ木下だ。ファームで見た時よりも身体も一回りくらい大きくなり、それに比例してバッティングも多少力が出てきたように感じる。彼の最大の特徴はブレないキャッチングだ。杉山はミットが意図なく動いてしまうが、彼の場合ほとんどミットが動かないため、ストライクか微妙なところも審判からはストライクとコールされる。ミットに吸い込まれるようなキャッチングは谷繁氏と比べても遜色ないだろう。キャッチングは捕手として強肩と同じくらい重要な素質でもあり、杉山や桂に比べても引けをとらない、いや寧ろ素質自体は彼らより上だと思う。もう一つ彼がいいのは投手との間だ。捕ってから返球も早いし、サインを出すタイミングも早いため、投手を乗せるのが上手い。今日に関しても吉見はいつも以上にテンポよく投げていた印象がある。新人捕手ではあるが、流石は名門トヨタでやってきただけの捕手であると感じた。
無論彼もまだまだ未熟だ。特にバッティングに関してはまだまだ振り切る力が足りないし、リードに関しては勉強不足な感は否めないため、総合的にはまだ杉山の方が上だ。
しかし今日のファイナルシリーズで森監督代行が彼をスタメンに使ったということは、来季以降大いに期待しているということを示している。彼も今オフの過ごし方で野球人生が大きく変わるだろう。期待している分、しっかり練習を積み重ねて欲しい。


また、今日岩田投手が最後のマウンドに立った。実績云々関係なく、引退選手を見送るのは寂しい。特に彼は2008年入団と割と最近入団した選手でもあるので時の流れの速さも痛感した。第二の人生も是非頑張ってもらいたい。


明日の最終戦はご周知のとおり、観戦に行きます。未来の大エースが投げてくれるというので、勝ち負け以上に彼の投球を楽しみにしたい。
因みに明日負ければ最下位決定だそうであるが、今更6位から5位になっても嬉しくも何ともないし、寧ろ最下位の方が次の新監督もこれ以上下がないと割り切って楽にできるんじゃないだろうかとも思う。
とはいえ、明日行く身分としてやはり勝ってほしいため、全力で応援します。


頑張れ!ドラゴンズ!!


ではお休みなさい(*^-^*)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。