ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

本拠地最終戦前に伝えたいこと

いよいよ明日25日で今季のナゴヤドームでのドラゴンズの試合は終わります。名古屋在住の私にとっては事実上のラストゲームになる。当日観戦に行く私が言うのも烏滸がましいが、今季で4年連続Bクラスとなったにも関わらず駆けつけてくれるファンに、試合に勝つということで来季への希望をみせてほしいと願っている。
私自身今季は明日入れて8試合観戦に訪れているが、試合観戦というのはつくづく「ギャンブル」に似ているなと感じる。勝つか負けるか決着に直接手を加えることは出来ないため贔屓のチームを応援するしか出来ない。いわゆる観ているだけだ。ただギャンブルと違うのは勝ったらお金といった物理的な報酬ではなく感情的な報酬が貰える。それは喜びや感動だ。その喜びや感動が欲しくて決して安くはないチケットを購入する。4000円で買った試合のチケット。しかしその試合が負けてしまった場合、そのチケットの価値は半減もしくはそれ以下になってしまうが、逆に勝った試合や自分がひいきにしている選手が出場し、その活躍を観れたのならその4000円のチケットは1万2万以上の価値になる。だからこそファンは勝ってほしいし、自分の贔屓にしている選手を観たいと、特にチケット単価が東京ドーム並に高いナゴヤドームでの観戦は、その思いを一際強くなるのだろうと思う。
こういう側面が大きい以上、「負けても愛されるチームに」という考えは当時の安かったナゴヤ球場だった頃よりも難しいものになっているだろう。特に中日球団はファンサービスが苦手だ。ファンサービスに関してはもっと営業が頑張るべきなのでここの問題は割愛させて頂くが、それも相まってより勝利に対して厳しくなる。
単価の高いチケットを購入して応援に駆けつけて、負ければそりゃ文句の一つは言いたくなる。勝利に拘らなければならないチームでしかも今季はこれで4年連続Bクラス。常勝軍団から一転してのこの転落ぶりは長年応援しているファンからすれば文句は一つどころではないだろう。私だって言いたいことは山ほどある。もともと賛否両論の激しい人がGMに就いているのだから猶更だし、私も少しくらいは説明してくれてもいいんじゃないかと思う事もある。


そして、これは知人から教えてもらったのだがナゴヤドーム最終戦の25日、落合GMに対する抗議活動をナゴヤドームで行うそうなのだ。
以前「落合辞めろ」とプラカードを掲げ、人騒がせした集団がまたやるとのことらしい…


気持ちはわからないでもないが、これには断固として反対します。はっきり言わしてもらえれば不愉快極まりないです。
前にも書いたかもしれませんが、ナゴヤドームはあくまで選手や監督、コーチの現場でありその場で戦っている人間に対して応援する場所なんですよ。現にナゴヤドーム側はそういった個人を批判するような事は控えて下さいとなっている。フロントを人間を批判したいのならば中日新聞本社前までいって抗議をしたらいいと思っていますし、そっちの方が白井オーナーに直接伝わるんじゃないですかね?
別に抗議自体が悪いと言っているのではありません。でも時と場所を考えて行動するのが大人のマナーではありませんか。普通にドラゴンズの勝利が観たい、贔屓の選手が活躍するのを観たいと思ってチケットを購入される方が大半なんです。また、ナゴヤドーム最終戦には今年引退を決めた岩田、雄太選手が投げるのですから猶更です。ごく一部の人間の身勝手な行動によって決して安くないチケットを買われた方々を不愉快にさせて、「何が抗議だ!」と強く思う。
皆が気持ちよく観戦するためにも、このブログをお読みの方でもし、抗議に参加しようと思われている方がいるならば、どうかやめて頂きたいと切に願っております。
ドラゴンズを愛し、何より野球観戦を愛する皆さまならきっとわかって頂けると思って、今回個人的な思いを述べさしてもらいました。


くだらない記事に最後までお付き合い下さいましてありがとうございました!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。