ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

来季へ向けて

FAを持つ大島、平田の去就に注目が集まっていますが、FAはあくまで彼らの権利ですので行使するか本人の判断に委ねるしかありません。といっても球団側も全力で慰留するということらしいので、今の中日球団の全力とやらを見さしてもらおうではないかと思っております。


来季の戦力を考える上では、常に最悪のケースを考えるのが一般的。最悪なケースとは勿論大島、平田がFA移籍することだ。


彼らが抜けた場合の外野手は、藤井、工藤、ビシエド、野本、松井佑、古本、友永、井領、近藤、渡辺勝(育成)、多村(育成)となり、ビシエドは基本一塁となれば非常に層が薄くなることは明白だ。石岡、福田を外野へコンバートしても、つけ焼き刀な感覚は否めない。ドラフトで新たに外野手の選手を獲得しない限り一年間持たないだろう。かといって私個人的には絶望はしていない。今日も二軍戦を見に行ったが、古本、渡辺勝が非常にいい動きをしている。特に古本は去年と比べて見違えるようにスイングが変わった。
渡辺は以前から私が推しているが、変わらず守備においても打撃においてもいい動きをしている。平田も大島もかつての福留孝介が抜けたようにMVP級の活躍をしている訳ではないため、現有戦力の底上げをこのオフにしっかり出来れば、彼らの穴はなんとか埋まるかもしれない。勿論残ってもらうのが一番ですがね。


そして、、、もうシーズンも残り僅か。
中止などがなければドラゴンズの試合を観る機会も後10日程で終わる。ナゴヤドーム最終戦には私も行くが、それももう一週間足らず。私個人としてはその前までに監督人事だけでも決まっていてほしい。そしてナゴヤドーム最終戦に願わくば新監督の声を生で聞きたい。望みは薄いと思うが、今季で4年連続Bクラス。不満に思っているファンは沢山いるはずだし、私もその一人だ。来季いるかどうかもわからない森監督代行が挨拶するだけではファンは納得しないはず。
GMを出して説明しろ!とは言わない。
でも来季に向けての何らかのメッセージは欲しい。
来季もナゴヤドームへ足を運ぼうとさせてくれるような気持ちにさせてほしい。
そんな一ファンの声にフロントは、来場者数をカウントするだけでなく耳を傾けて欲しい。そう願っております。


明日もナゴヤ球場に足を運ぶ予定ですので、今日行った二軍戦の感想は明日まとめて書きます。
では、お休みなさい。雨なんとかならないかなぁ・・・・




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。