ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

未来へ向けて

カープが優勝し、CSの望みも限りなく0になった今、ドラゴンズは来季に向けて動き出さないといけない。ベンチとしては特に来季に向けての準備を余儀なくされる。


今日の試合のスタメンにも色々な意図が見える。堂上も安泰ではないという意味をこめて阿部を起用したり、来季も使えるのかということでセカンドにエルナンデスを持ってくる布陣だった。エルナンデスを2番に持ってきた意味はわからないが、来季に向けて、色々動いているのがわかる。


今日の試合は小笠原君が7回2失点と試合を作り、終盤で逆転するいい形で勝利した。小笠原君は本当に日に日に成長している。解説だった川上憲伸氏が話すように安心してみられるようになった。初先発だったソフトバンク戦では四球、四球でリズムを崩し、ヘロヘロになって抑えた頃を比べたら本当に凄い成長だ。彼の成長の速さに感心したのが、ランナーが出た場合に一定のリズムで投球に入らないこと。時に長く持ったりすることで、走らせるタイミングを読ませないようにし、結果盗塁成功を許さなかった。ベテラン投手かよと思わせる程の事をやってのけるマウンド度胸もさることながら、前回の登板後に投球の間合いを指摘されたのだろう。指摘されたことをしっかり改善してくる成長のスピードの速さにはあっぱれだ。来季以降さらに楽しみではあるが、彼は入団当初から左腕に「ねずみ」がある。いわゆる爆弾だ。これは一刻も早く取り除いてほしいため、シーズン終了後即手術してもらいたい。吉見が受けたトミージョン手術とは違い、簡単に取り除ける手術なので安心して受けてほしいし、もし手術せずにこのままいって爆弾が爆発したら選手生命が絶たれてしまう可能性もある。来季で2年目の20歳。まだまだ始まったばかりだ。周りの声は気にせずにしっかり治療することが、来季に向けて彼がしなければいけないことと感じる。


そして打撃陣では高橋周平の活躍が目立った。ホームランはさておき、8回裏の内角高めの球を見事引っ張って打ち返した姿は開幕当初と重なる。怪我で0になってしまった振る力がこの終盤にきて戻ってきているように感じる。高橋の場合はさらなる下半身の強化をして、下半身主導のバッティングを身体で覚える必要があるが、取り敢えず振る力だけでも戻ってきたことは、来季以降にも繋がる。何度も指摘しているが、今オフは小笠原塾に入門し、下半身を使ったバッティングを手に入れてもらいたい。守備も一歩目が遅いので辻コーチにビシビシ鍛えてもらいたいです。よろしくお願いします。


私個人はこの時期になればもう勝敗はあまり気にしてません。最下位は避けたいとは思いますが、別に5位も6位も大して変わりませんしね。寧ろ最下位になっておいた方が来季に向けてこれ以上下はないと割り切れるんじゃないかなと思ってますし。私が願うのは、スタメンに出ている選手個々がどうすれば試合に勝てるのかを必死になって考えてプレーしてもらいたい。例えば、今日の大島の2ベース後のエルナンデスの三振なんて最悪です。泥臭くてもいいから勝ちに行こう!!こういう精神をもってプレーしてくれることを望みます。


ではではおやすみなさいm(__)m








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。