ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

カープおめでとう!!一方竜は・・・

今日は久々にイライラした試合でした。
というのも、野手がしっかり考えて打席にたっている姿が見えてこないのです。特に大島、平田、森野、堂上の主力4人には2軍じゃないんだぞと言いたい。


一回裏の攻撃、初回大島の安打で、阿部がしっかり2塁へ送る進塁打を打ち、先制の場面で森野の3球3振。打てる球が来ないから打ちませんでしたでは、一軍の世界では通用しないことくらいベテランなら把握しているはず、しかも3球とも森野の技術をもってすれば最低限の進塁打くらい簡単に打てるのに、一回も振らずに三振はチームの士気が下がる。このプレーは彼の怠慢としか私の目には映りません。


今日はすごくイライラしてるので細かくいきます。


2回裏の攻撃平田が2ベースで高橋がしっかり進塁打を打ち1アウト3塁の場面で堂上のバッティング。この打席は犠牲フライを打てば点が入る場面で堂上は初球から当てにいくバッティングをした。振り切れてないのに山口の内角ストレートをしっかりタッチアップできる所まで飛ばせる訳がありません。初球から打ちにいくことは悪いことではないが、初球から打ちにいく場合はしっかり振り切ることが大前提。なぜあんなバッティングをするのか。野球の基礎を知らない訳ではないだろう。しかも自分が点をとれずアウトになったら8番杉山が敬遠されて投手と対戦させられることくらいわかるだろう。本当に何を考えて打席に立っているのか。意味が分かりません。


そして、一番腹が立ったのは8回裏のノーアウトランナーなしの場面。バッターは一番の大島。この場面2ボールまでいった。この回先頭の大島が出れば、バントもエンドランもできる阿部が控えてるため色々仕掛けることができる。山口のスタミナも限界が見えてきたところ、大島の出塁で大きく変わるのにあっさり打ってレフトフライ。。
本当にいい加減にしてもらいたい。一番バッターの仕事は安打を打つことじゃない。塁に出ることだ。彼の打撃センスがいいのはわかっている。ホームラン球しか打ちにいかないでいいよと言いたくなるくらい、なんでも打ちにいく性格なのも重々承知だ。しかし、大島は1番バッターであり、4番ではない。チームのために何とか出塁していこうという姿勢をもっと見せてほしい。それは別に今日だけに限ったことではないし、もっと彼には自分の打撃よりもチームのための打撃をしてほしい。1番バッターとは本当に重要な打者というものをもっと理解して打席に立ってくれ!!
これはもう今日に限った話ではないので、怒りが爆発したということをお察し下さい。



そしてもうあんまり触れたくないのですが、平田さんの打席。。。。
ちょっと一回休ませてあげた方がいいんじゃないでしょうか?あまりにもボール球に手を出す彼の姿をみて、怒りより心配になってきました。本来の彼は選球眼だけは球界トップクラスなので、なんか自暴自棄になっているんじゃないかなと・・・
特に9回裏の打席。山崎の高いボール球に手をだし、最後は低めのボール球を振らされての三振は目も当てられませんでした。
ライトなら藤井もいますし、二軍からも松井やまだ一軍経験のない古本もいるので、二軍に行ってリフレッシュするのも悪くないのかなと思います。言葉は悪いかもしれませんが、レギュラークラスの打撃ではありません。スイングも振り切れているというよりムチャ振りなので。


プロは結果がすべてだとは思う。だが、結果が全ての世界だからこそ結果よりもどう行動したかが大切です。福田に関しては今日再三の得点圏の時に打てなかった。勿論結果は褒められたものではないが、進塁打を求められていない4番という立場からすれば、しっかり振り切ることが肝心。振り切れての結果はしょうがないと割り切って頑張ってもらいたいが、今年一年だけでなく何年もスタメンで出ている選手がただ打てば良い、安打になればよいという考え方をもっていては一生カープには追い付けないだろう。
打者は打線の一部であり、それぞれの役割がある。
今この瞬間で何をすればいいのか。失敗のスポーツ故、最低限どうすればチームに貢献できるかをもっと考えて打席にたってほしい。今日の4人は本当に反省してもらいたいですし、このままならチームには要りません。


広島東洋カープが優勝した。今日の試合も各々が自分の役割をきっちり理解して、仕事をした。特に田中選手は1番打者としての仕事を本当に良く理解している、大島には是非彼の姿を見習ってほしい。特に黒田投手の後の打席。少しでも投手を休ませようと、粘って粘っての四球はお見事としか言いようがない。素晴らしい1番打者だ。


広島東洋カープ本当におめでとう。
25年前の優勝の時、私はまだ生まれていない。本当に今日の優勝まで長かったと思う。中日ファンからすれば優勝から5年遠ざかっていても久しく感じてしまうのだから、喜びも大きいだろう。そしてその間、ずっと広島カープを応援し続けたファンに称賛を送りたい。万年Bクラスの低迷期にも見捨てずによく応援したと。
ドラゴンズも今は低迷期。ここで応援するのをやめていてはただのにわかファンだ。弱い時にこそ支えてあげるのが真のファンだと思う。
ドラゴンズファンの皆さん。今は辛いけど、弱いからこそ必死になって応援しましょう!叱咤激励しましょう!!また強い竜の復活を願って、私は今後も応援し続けます。


頑張れ!ドラゴンズ!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。