ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

振り切れ!!竜戦士たち

ここへきて巨人の執念がすごい。
明日から広島との直接対決を控えているが、そのまま勢いで勝ってしまいそうだ。
万一巨人が広島に2連勝した場合、ナゴヤドームでやるわけで・・・・
随分勝手だが、明日からの2連戦はカープを密かに応援しようと思います(;・∀・)


今日は華の金曜日ということで仕事が終わった時にはすでに全ての試合は終わっていたので暇つぶしにニコ生で放送していた中日二軍の試合とソフトバンク二軍の試合をプレミアム会員の特権を活かして視聴しておりました。


ざっくり感想をいえば、V4しているソフトバンク二軍は凄い。全員の選手が振り切れている。中日二軍も去年に比べれば見違えるほど振り切れているのだが、全員が出来ている訳ではない。特に遠藤や亀澤は追い込まれると当てに行く傾向がある。一方ソフトバンク二軍は育成選手だろうが、ホームランバッターではなかろうが、全員追い込まれても振り切ることを徹底して出来ている。恐らく監督含めた首脳陣がそう徹底させているのだろうと思う。だからこそソフトバンクは柳田や松田のような力強いバッティングが出来る選手が育成出来るのだろう。改めて感心し、本当に素晴らしい球団だと思いました。


では、当てにいくバッティングがなぜ悪いのか。理由は簡単だ。当てにいくバッティングで大成した選手がいないからだ。よくそれで、イチローはどうなんだという声が挙がるが、彼はメジャーの天然芝と自分の脚力を活かしてわざと内野安打にする高度な技術を持っているだけで、別に普通に打つ時はしっかりと振り切っているし、オリックス時代は独特の振り子打法で寧ろスイングスピードを上げて、振り切ることを徹底していた。また元巨人の井端弘和氏もそうだ。彼の現役時代はしぶといバッティングで追い込まれたらファールで粘る技術を持っていたが、あれも決して当てにいっている訳ではない。もしあてにいくバッティングならばファールゾーンまで飛ばないし、しっかり振れているからこそ自分が予測してない球がきても対応してファールに出来るのだ。


今のプロ野球界にはしっかり振れる選手が少なくなってきた。特にドラゴンズの選手はナゴヤドームが広いからと萎縮しているのか、しっかりと振れる選手が非常に少なく、現在の一軍スタメンに限れば大島と福田くらいだろう。逆に二軍の方が振りきれる選手が多いと感じる。


球場のせいにする者は二流の証でもある。ナゴヤドームと同じように広い札幌ドームを本拠地とする日ハムでは中田翔や大谷が20本以上打っているし、ナゴヤドームを本拠地にしているドラゴンズでは過去に福留や和田氏が30本以上打っているので理由にならない。しっかりと振り切れば入る球場なのだから、若手だけでなく現在の主力も振り切れるようになってほしい。


そのために今オフは下半身強化と振りこみを徹底的に行ってほしい。オフに呑気にテレビ出てる場合じゃないぞ!!


頑張れ!竜戦士たち!!










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。