ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

落合博満氏監督復帰の可能性

と、まぁたまには週刊誌みたいな記事を書きたいと思ってまして(^ ^)



取材とかできる身分じゃありませんので、あくまで新聞紙上で報道されている内容から推察する記事です。
主観も入ってますので、お気軽に見て頂ければと思います。
本気にしないで下さいねm(_ _)m


ドラゴンズの試合も残すところ後15試合、報道されている通り「シーズン終了迄に決める」ことになるならば、監督決定までもう後20日程度しかない。さらに就任時期がシーズン終了後となれば、契約をまとめる期間も必要なため、球団として内定する時期はもっと短いだろう。
私は谷繁監督解任後からこれまでの報道に疑問を感じている。
というのも、監督候補に新聞紙面で挙がっているのは小笠原二軍監督のみで、他の候補は全く名前が挙がらない。
西武は田辺監督が監督を辞任するとわかったと途端に、外部からの招聘で宮本氏や秋山氏の名前が挙がった。まだ正式な解任会見もしてないのにも関わらず。勿論この報道のソースが球団関係者となっているため、事実かどうかがわからないが、普通はこのように候補の名前が各社紙面に踊る筈なのだ。
思えば高木政権が正式に解任を発表された時は、山崎氏か立浪氏か又は落合氏復帰か等が多くの新聞紙上で報道された。
しかし、今回は解任後一ヶ月近く経過したにも関わらず、どのメディアでも候補に挙がっているのは小笠原二軍監督のみ(東スポでさえ)。もし外部の人間も候補に挙がっているならば、何らかの動きがあるはずだし西武のように絶対に報道されているはずだ。以上を踏まえると、現段階では小笠原二軍監督の昇格が基本線であるのは明確な事実だろうとは思う。森監督代行が昇格する線は過去の佐々木監督代行が好成績を残していたにも関わらず、昇格は見送られたことを考えるとないと思いますので、小笠原二軍監督でほぼ間違いないと思います。小笠原が二軍監督に就任するにあたり「この一年間を有効に使え」と落合GMから助言されたことも、今となっては一軍監督への伏線の発言ともとれますし。


だがここへきて、白井オーナーが新聞社内で反落合勢力があることを公に認め、認めた上で彼は「反勢力側の声も聞かないと」と発言した。
反落合派の立場に立てば、一番避けたいのは落合氏の院政だろう。GMという表舞台から去り、副社長等、完全に球団内部の人間となってしまうと大きく批判できなくなってしまう。落合氏への信頼は揺らいでいないとの発言を考慮すると、球団から追放することはありえない。よって、反落合派から落合氏を監督として復帰させ現在の成績の責任をとり、これでダメなら追放してくださいと提案しても不思議ではないだろう。白井オーナーの信頼を逆手にとった案ともいえなくもないだろうか。
また小笠原二軍監督に決まりかけていると見せかけてのウルトラCで落合GMが監督復帰という線もあるかもしれない。外部の人間とは違い、スケジュールは球団が把握しているため、内密に動いていても情報がリークされる心配はない。世間の反発の声もあるだろうが、「低迷の責任は私がとる」と説明すれば納得してもらえると踏み、監督復帰へ準備をしていたとしてもおかしくはないと思う。



落合監督復帰の可能性は0ではなく、寧ろ小笠原二軍監督の次にありえる話であると、これまでの動きから考えられるだろう。


以上は推察でしたが、ここからは私の想いです。
落合ファンの方には申し訳ないが、落合GMの監督復帰は正直やめてほしいと思っています。落合GMを嫌っている訳でもない、寧ろ結果のみを求めるならば最高の監督だと思っています。
もう一度あの華麗な采配をみてみたいとも思っている。
しかし、それではただ時計の針を逆回ししたのと変わらない。仮に落合GMが監督復帰して優勝したとして、「やっぱり落合監督は凄いですね」で終わってしまう。
落合政権は確かに強かった。だからこそ、強かった落合政権のやり方を落合氏がいなくても出来るようなチーム作りをしてほしいのだ。現在チームには森繁和氏がいる。初年度は彼らの言いなりでもいいじゃないか(谷繁前監督は拒んだが)。勉強して采配の下地を身に着けてから自分の色を出していっても全然遅くはない。
という意味も込めて、私はやはり小笠原二軍監督にやってもらいたい。谷繁前監督同様傀儡と揶揄されるかもしれないが、彼の人間性やオーラがそれを感じさせなくしてくれるだろう。
強いチームを巨人のように「伝統」としてもらいたい。それが私の願いです。


最後までこんなくだらない記事にお付き合い下さいましてありがとうございました!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。