ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

沢山の希望達

予告通り本日のナゴヤ球場にてドラゴンズ二軍戦に感想を書きます。遅くなりまして申し訳ありませんm(__)m
豊橋にはいけなかったことを考慮すると、私は8月7日(日)の広島戦以降約一か月振りの観戦となりました。前にも書きましたが私は一軍より二軍戦に足を運ぶ。理由は以前の記事に書いてあります。現在二軍はご存知の通り優勝争いしているということもあり、休日であったが近年にないほどスタンドにお客が入っていました(少なくともナゴドの一塁内野席より埋まってましたwww)
個人的に二軍戦は勝ち負けより選手を観察することに重きをおいているため、采配云々は語りません。
結果はこちら


ご覧のとおり、4-1と勝利し、優勝がかかっている状況でしっかり戦ってくれました。このまま頑張ってもらいたいものです。
私は今日の試合、勝ったことは勿論嬉しかったのですが、何より今日の試合でタイトル通り沢山の希望達が着実に力をつけてきていると改めて思いました。
特にそれを感じたのは二人の野手です。
一人が渡辺外野手



彼は今年育成で入ったルーキーである。彼の特徴はこの独特の一本足打法。王貞治を彷彿する野球ファンも多いと思いますが、それもそのはず渡辺選手を育てた人物は王貞治に指導した人と同一人物なのである。
彼は上背がなく、王貞治のようにホームランを沢山打てる選手になれるかは難しいが、彼のスイングは上から下へ綺麗に振り下ろされている。実践でどのようなバッティングをするのか注目してみてみたら、驚いた。彼は自分のスイングを打席でも出来ているのだ。通常彼のような一番バッターは打席になると当てにいく傾向にある。しかし、彼は自分の打撃に自信があるのか全く当てにいくスイングをせず、きちんと振り切っている。さらに彼がいいのは球を選べることだ。自分の役割というのものをきちんと理解し、打つだけでなく選んで塁にでようとする姿勢が見える。これは今日だけでなく、これまでの試合でもそうだ。結果は5打数3安打一四球。彼はもしかしたら将来大島以上に最高の一番打者になってくれるかもしれないと予感させた。ただ今日の観戦で一番うれしかったのは彼の守備力の向上だ。彼の守備はお世辞にもプロレベルではない。正直これまでの観戦でみた彼の守備は古本以下じゃないか?と思っていた。しかし、今日の守備機会でライトに上がったフライを追う一歩目が早くなっており、打球まで一直線に向かっていけてる姿に成長を感じた。無論体力面等まだまだではあるが、来季の支配下はこのまま成長すれば間違いないと思います。怪我せずにオフ必死に頑張って近藤選手同様身体を大きくしてもらいたいです。


もう一人が石岡選手だ。

彼もご存じ今年ドラフト6位で入団したルーキーである。しかし、彼はいきなりヘルニアを患ってしまい、出遅れてのスタートで心配していたのだが、彼のスイングをみてまた驚いた。スイングだけならドラゴンズの中では福田と肩を並べるほど力強いスイングをしている。
いいスイングをしているかは重要であり、スイングの形で下半身の使い方がわかる。出遅れた分しっかり振りこんできたのがわかるスイングでした。後もう少し下半身がどっしりすれば打席の中で粘りが出てくると思う。
しかし、彼は渡辺選手と違って打席に入ると自分のスイングが出来なくなる。当てにいってるわけではないが、打席で迷いがあるのだろう。狙い球を絞り切れないのと下半身に粘りがないため、自分の形を崩されてしまうと三振してしまう傾向にある。これに関しては下半身強化と何回も打席に入り配球を読む勉強をすることが大事だろう。
ともかく、ヘルニア手術のおかげで他の選手達よりも出遅れたにも関わらずここまで振れるようになったのは、驚いた。彼は一塁手だけにビシエドが休んでいる今、一度森野の代わりに一軍で使ってほしい選手です。ちなみに結果は4打数1安打でした。


勿論彼らだけではない。スタメンで出ていた他の選手も去年より明らかに振れている。特に古本、W松井なんかは昨年目も当てられない程酷かったが、今年かなりの成長をみしている。もしかしたら来季の一軍の大きな戦力になってるかもしれないと思うほどであり、中日二軍はまさに現在の低迷しているドラゴンズを救う希望がいる場所となっています。だから今年の二軍は勝敗だけでなく面白いのです、
やはり改めて二軍は大事な場所だと感じる。彼らがレベルアップすれば必然的に一軍の選手もうかうかしてられず、必死になる。だから私個人来季が楽しみで仕方がないのです。全体的にレベルアップした選手がどう躍動するか、はたまた今の一軍選手が立ちはだかるのか。
二軍の試合も残り十数試合となりました。ここまで首位ソフトバンクとほぼ並んでいる状態で、ここまできたら優勝してほしいという思いも勿論ありますが、選手たちが怪我なく一打席一打席、投手なら一球一球大切にやっていってくれるのが一番です。そして彼ら全員今オフ必死に取り組んでもらい、全員がレベルアップしていることを願っております。


読者の皆様もお暇であれば是非二軍戦にも足をお運びください。一軍の選手よりプレーは雑かもしれませんが、光るものを持った選手が今ドラゴンズに沢山います。監督人事やフロントも気になるところではありますが、今必死で頑張っている選手を応援しましょう!


因みに私はまた二週間後の対ソフトバンク戦にも足を運予定です。うまくいけば本当の天王山になること間違いないので必死に応援します!(^^)!


ではではお休みなさいm(__)m

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。