ポジネガドラゴンズ

中日ドラゴンズのことを温かい目、心で見守る。いわゆるドラ吉です。時にポジティブに時にネガティブ全開の記事を書きますので情緒不安定と思われるかと思いますが、ドラゴンズ愛ゆえということでご容赦下さい。
たまに他球団のことを呟くかもしれませんが、他球団ファンの方その時はよろしくお願い致します。
こうやって文字をおこす機会はあまりなかったものですので、文章がおかしな部分もありますが、努力していきますのであたたかく見守って頂ければと思います。
ブログに対するコメントもお待ちしておりますm(__)m
(誰でもコメント送信できるように設定少し変えました)

もらった試合は丁寧に

今日の試合は藤浪選手から勝利を貰ったゲームでした。
初回、大島の内野安打はしょうがないとしても、その後のエルナンデスに四球、暴投、森野のセカンドゴロをベースカバーが遅れてタイムリーにしてしまい、結局連打で杉山に満塁HR。
阪神ファンからすれば今頃ダルビッシュのようになっている筈の選手がこのような状況ではと、嘆いているのではないかと。
さて、ドラゴンズは堂上と杉山の活躍で大勝しました。初回の猛攻と終盤でのダメ押しは理想の形といいたいところですが、一歩間違えれば逆転されていた試合であり、阪神の拙攻に助けられたと言わざるをえません。3回表のノーアウト1塁2塁の場面で高山選手。ここで一点とれば流れが大きく変わるという場面で、三振。結果論で語るのはいけませんが、あそこはバントをしてワンアウト二三塁にし、チャンスにめっぽう強い4番福留選手に託す攻撃の方が怖かったです。ランナーを出しても堂々と投げたバルデスは立派でしたが、流石に39歳のオッサンに中4日は限界であり、阪神打線が要所要所で助けてくれました。
もう一点、7点先制した後の2回表、原口選手のHRから始まるという、バッテリーはなんとも気の抜けたプレーをしているなという印象を受けました。杉山も打った後だからなのか、ナゴヤドームに相性の良い、しかも内角にめっぽう強い原口選手にあのコースへの要求はないだろうと思いました。本当に大量得点の後は丁寧に。まぁこれを糧に成長してもらえればと。


首脳陣も便利なオッサンを使いたい気持ちは理解できますが、一軍でまだ投げていない選手を使うのもこの時期は考えたほうが良いと思います。


あと、、、本当に周平さんなんとかなりませんか?決して守備もうまくないのに、打席に立たせてもらっていることに何を感じているのか。特にイライラしたのが、福田の2ベース、平田三振後の打席。振れてないなら振れてないなりに進塁打を打とうとか、難しい球を捨てて甘い球が来るまで待つとか考えられることは沢山あるはずなのに、初球難しい球を打ってレフトフライ。。。打ちに行くことは決して悪いことじゃないが、それなら二軍でも一緒。一軍ならば勝つために自分がどうするかを考えて打席にたってほしい。それとガムシャラにやりなさいよ!出させてもらっている立場なんだから!!
周平はこのくらいにして、堂上選手。打ち方は相変わらずですが、去年より下半身が使えています。しっかり下半身が使えている分夏場でも彼なりに安定した成績を残せているのだろうと思い、オフしっかり練習したんだなと感心しております。今オフも継続してもらい、さらに上を目指してほしいと思います。


明日は吉見投手ですね。ドラゴンズ真のエースが登板なので絶対勝ってほしいですね。
ではでは!(^^)!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。